マーケッター4.0 三宅泰世のBlog

ビジネスモデルキャンバスを使ってビジネスモデルデザイン、バリュープロポジションキャンバスで顧客に求められる価値を創造しよう。

ファシリテーターへの冷たい致命的評価

「あの程度のワークショップなら自分でも出来るなあ〜」


という冷たい評価を受けてしまうファシリテーター

 

本人には伝わらない「冷たい致命的な評価」

教えたい人が増え

マニュアル化が進み

研修講師

ファシリテーターもコモディティ化した

 

僕から何か言うとすれば


「お前のストーリー、お前の生き様でいい感じに味付けしろ。」


なんだよなあ

 

それはファシリテーター側に人の好き嫌いがあって

それが客の側、関わる側からも好かれもするし嫌われもするという

 

まじめに大過なく過ごしたい日本人には

 

かなりのハードルなのかと。

 

でもねえ

 

そこを超えていかないと、新しい事は出来ないのよ。

 

時代遅れの思考停止連中と同質化する義理はねーわけで、他人の頭の殻すら叩き割らないと、面白くないじゃん。

 

と思っている。が、何か?